MENU

示談交渉は自分で進めるにはハードルが高くなる

示談交渉は様々な内容がありますが、最近になって話題に上がるのが交通事故に関する示談です。主に被害者側の示談となり、慰謝料や治療費をしっかりと請求をするための保険会社を相手にするような内容の示談となります。

 

保険会社を相手にする示談は何かと面倒なことになりがちで、なかなかうまい具合に進まないものです。慰謝料額に関しても被害者側の思うような金額で獲得ができない場合が多いので、自身自身で示談を進めるとなるとどうしても不利な条件となってしまうのです。

 

その点で交通事故に強い弁護士に依頼を行う示談であれば、被害者側が不利にならないように進めてくれるので安心です。自身では金額を決めるのが難しい慰謝料に関しても、弁護士に示談を依頼を行うと当初の金額の数倍や数十倍まで膨れ上がるケースもあります。

 

保険会社が提示する示談内容が納得ができるものだと感じても、本来はもっと大きな金額での慰謝料や治療費の請求ができる可能性があります。弁護士に依頼をする際の費用も増額がされた慰謝料からの一定割合となっている場合が多いので、金額が増えない限りは余計な費用がかからないのも良い点です。

 

それでも自分で示談を進めるとすれば、しっかりと下準備をしなければなりません。書類に関しても自分で交通事故示談を進める際の必要書類は多岐にわたるので、手間がかかる点に注意が必要です。それであれば弁護士に依頼をした方がメリットが大きいので、まずは相談だけでもしてみることをおすすめします。