MENU

返せない借金を任意整理で解決するメリット

借金の返済ができなくなった場合には、そのまま返済をせずに放置をしていると大変なことになります。支払いが遅れている分の遅延損害金がどんどんと積み重なるのはもちろんですが、それ以上に怖いのが長期に渡って借金返済をしないことによる差し押さえなどの強制執行です。

 

強制執行は文字通り強制的な執行となるため、決定がされてしまうと避けようがありません。差し押さえとなれば抵抗できずに給与などが差し押さえられてしまい、会社にも借金を返していないことがばれる結果となってしまうのです。

 

差し押さえは突然行われるわけではなく、まずは督促状や訴状が届きます。その後に必要な手続きを経て差し押さえとなるため、その前の段階でしっかりとした対処をしておけば差し押さえになることはありません。

 

借金返済であればその前に債務整理をするなどしておけば差し押さえになることはなく、返済ができないとしても自己破産、返済ができても今のままの返済計画では難しい場合には任意整理などを行っておけば安心です。

 

どちらにしても弁護士で依頼ができ、弁護士に任せておけば面倒な手続き無く債務整理を進めてくれるので知識が無くても問題ありません。また、自己破産と比べて手続きが簡単な任意整理には、自己破産とは異なる任意整理のメリットがあるため、債務整理全般のデメリットも含めて手続きの依頼を行うかを考えてみると良いでしょう。